ダイエットをして長生きしよう

肥満体型の人は統計で見るとやはり、普通の体型の人より早くに亡くなっています。肥満でいいことなんて一つもありません!是非ダイエットをして少しでも長生きしましょう。

ダイエットをして長生きしたい人必見

ダイエットは、例えば10人の人が同じ方法に取り組んでも、必ずしも10人全員が痩せられるわけではありません。
痩せられない人は、やり方を変えてみる必要があります。
太っているということは、体のどこかに疾患があり、健康的な体形を作れなくなっているのです。
疾患とまではいかなくても、ある程度の年齢の人ならば、自分の体の中に弱い部分が誰しもあります。
その部位を理解して、その部位を刺激することによって、痩せやすい体を作ることができます。
将来なりやすい疾患を知ることによってダイエットをすれば、健康的に痩せることができ、病気を未然に防げて、長生きをすることができるのです。
ではどのように将来なりやすい疾患を見つけてダイエットをすればいいのか。
体のツボを押してもらうのです。
足のツボや耳のツボも、痛い所は疾患のある箇所です。
痛い所を定期的にほぐしていれば、健康的に痩せやすい体を作ることができます。
それを応用したのが、最近流行っている耳つぼダイエットです。
これは、耳の固くなっている所(疾患がある所)を指やドット棒で刺激して、ダイエットを促進する耳つぼシールを貼って痩せる方法です。
一般的には両耳の、神門(イライラを緩和する)・胃(胃の働きを整える)・飢点(食欲を抑える)・肺(同じく食欲を抑える)・内分泌(新陳代謝の促進。
ホルモンバランスを正常にする)のツボにシールを貼って刺激します。
この5つのツボ全てを刺激するわけですが、5つを見ても、精神的なイライラとか、胃の不調であったり、新陳代謝が悪かったり、ホルモンバランスが整っていなかったりと、痩せられない原因はさまざまであり、どのツボが最重要なのかも人それぞれです。
サロンによっては高額なサプリメントを買わされたり、食事制限を伴う場合もありますが、耳つぼを刺激するだけで結果を出すサロンもあります。
食事は制限しなくとも、バランスが大事です。
また、適度な運動が必要なことは、一度でも痩せようと思ったことがある人なら十分おわかりだと思われます。
最近は多趣味な人が多く、スポーツをしている人も多いのですが、歩数が足りていない人が多いです。
そしてそのことに気付いていない人も多いです。
痩せるためには一日最低8000歩歩くことが推奨されていますが、車社会で多忙な現代、8000歩歩いていない人が多く、そのような時間を取ることもままならない人が大勢います。
歩くこともまた、痩せるための近道です。